2012年ニュース

2012年12月11日

CodeSonarがバージョンアップ、視覚化機能追加、解析速度向上

この度、米国GrammaTech社製の高精度バグ検出ツール 『CodeSonar』が、Version3.8 にバージョンアップいたしました。

バージョンアップの内容

  • Visualizationインターフェースを追加
    ビジュアライゼーション機能を使用することにより、コールグラフとワーニング数を含んだメトリック情報が表示されます。

  • 解析フェーズの並列化
    解析フェーズを並列化したことにより、マルチプロセッサのマシンの恩恵を受けることができるようになりました。 適切なハードウエア上で実行することで、以前のバージョンに比べかなり高速に解析が終了します。
    8コアマシンの例では、6倍のスピードアップが見られました

  • C++標準テンプレートライブラリ(STL)のモデリングを改善
    STLを使用しているアプリケーションの誤検出が大幅に軽減されました。

『CodeSonar』 製品紹介
Inquiries / materials request
ページの先頭へ