2012年ニュース

2012年12月26日

電力メーター通信プロトコルDLMS/COSEM(IEC62056)と配電管理(IEC61968)に準拠したヘッドエンドサーバー用ソフトウェア『SYNC 5000』の販売を開始

弊社は、KALKI Communication Technologies Limited(以下「Kalkitech社」本社:インド、バンガロール)が開発した、ヘッドエンドサーバー用ソフトウェア『SYNC 5000』の販売を開始いたしました。

『SYNC 5000』は、電力メーター通信プロトコルの国際標準規格「DLMS/COSEM(IEC62056)」および電力網と外部システムとのインターフェース管理の国際標準規格「IEC61968」に準拠した、電力通信システムのヘッドエンドサーバーに搭載可能なソフトウェアです。

  • 『SYNC 5000』をヘッドエンドサーバーに搭載することで、MDMS(Meter Data Management System)とのインターフェースとしての機能を持たせるだけでなく、多数のスマートメーターをDLMSプロトコルを使用してヘッドエンドサーバーからの一括管理が可能
  • Javaで記述されたアプリケーションプログラム
  • WindowsとLinuxに対応
  • データベースとの連携や冗長化をサポート
  • DLMSプロトコルを使った電力通信システムのヘッドエンドサーバーに豊富な採用実績
Inquiries / materials request
ページの先頭へ