2013年ニュース

2013年2月12日

業界初、Protecode社オープンソース検出クラウドサービスの提供を開始

弊社は、Protecode Incorporated(以下「Protecode社」、本社:カナダ、オンタリオ州オタワ)が開発したオープンソースソフトウェア検出クラウドサービス『ProtecodeCloud™』の提供を開始することを発表いたします。

オープンソースソフトウェアライセンス管理ソリューション分野のイノベータであるProtecode社により開発された『ProtecodeCloud』は、SaaS(Software as a Service)タイプのオープンソース管理サービスです。

近年、オープンソースソフトウェアの使用が拡大するとともに、オープンソースの管理やライセンス義務違反などの問題が注目されています。手作業によるオープンソースの確認作業は多大な工数を必要としますが、『ProtecodeCloud』を使用することにより、短時間で効率よく作業を行うことができます。

従来型のオープンソース管理ツールでは、ツールの導入に際して高価なサーバを導入したり、複雑なインストール作業を行ったりする必要がありました。『ProtecodeCloud』は、クラウドタイプのWebをベースとしたアプリケーションです。このため、オープンソースを利用する企業は、高価なツール向けインフラに投資することなく、オープンソースライセンスを管理することが可能になります。

すでにクラウドでソフトウェア開発をしている企業では、『ProtecodeCloud』を利用することにより、オープンソースおよびサードパーティのコードに関するライセンス義務をクラウド上で識別・管理ができるようになります。

『ProtecodeCloud』の特長

  • ツール向けのサーバ、ツールのインストールが不要
  • 高速なソース解析
  • セキュリティ脆弱性チェック機能
  • 輸出規制品目分類番号(ECCN)情報レポート機能
  • 暗号化パッケージレポート機能

この度の販売開始について、エーアイコーポレーションの代表取締役社長 加藤博之は、

「企業の多くは、プロジェクトでのオープンソースソフトウェア使用に関する義務の順守に関心があります。Protecodeのクラウドサービスにより、オープンソースの採用・管理に関連した開発の短期化と開発コストの削減を実現できます。」と述べています。

ソフトウェアコード監査サービス『Protecode Certified™』:
M&Aなどによる製品投入に先立ち、ソフトウェアコードの監査サービスソリューションを希望する企業向けに『Protecode Certified』を提供しています。『Protecode Certified』によるソフトウェアコード監査は、関連ライシング、著作権、セキュリティ脆弱性の情報や、すべてのオープンソースおよびサードパーティーコードがレポートされます。

『ProtecodeCloud』は、Protecode社のオンプレミスソリューション『System 4™』を補完するするソリューションです。

Inquiries / materials request
ページの先頭へ