2013年ニュース

2013年6月3日

組込み用 高速・電源断ファイルシステム『Reliance Nitro』にCRC機能を追加し、信頼性向上

この度、米国Datalight社の組込み用 高速・電源断ファイルシステム 『Reliance Nitro』がメジャーバージョンアップし、『Reliance Nitro 3.0』がリリースされました。

『Reliance Nitro 3.0』の特長

  • メタデータだけでなく、ユーザデータにもCRC(Cyclic Redundancy Checks)を追加可能
  • 利用状況に応じて、柔軟にCRC機能の設定変更が可能
  • CRCエラーを検知した際の振る舞いを任意に設定可能
  • Linux版は、Kernel3.4まで対応

Linuxのファイルシステム「EXT4」にもCRC機能が付加されておりますが、『RelianceNitro 3.0』では、全てのメタデータに加え、任意でユーザデータのブロックにもCRC機能を追加することができます。

ファイルシステムがブロックの破損をいち早く検出し、エラーを検知した際の設定に従うことで、システムの不正な振る舞いを抑止して信頼性を維持します。また、不具合発生時の問題の追及が容易になります。

『Reliance Nitro 3.0』は、従来製品を一から見直し、再設計された製品です。これまでのバージョンとの互換性や『RelianceNitro 3.0』への移行などにつきましては、別途お問い合わせください。

Reliance Nitro

Reliance Nitro』は、米国特許を取得したトランザクション方式のファイルシステムです。ツリーベース構造により、高速なファイル検索が可能です。トランザクションごとにメタデータを二重管理しているので、突発的な電源断が発生した場合でも、直前のトランザクションのメタデータが復旧されます。ユーザデータを上書きしないので、メタデータはもちろんのこと、ユーザデータも完全に保護されます。

どのようなストレージデバイスでも利用できますが、フラッシュメモリを利用する場合は、米国特許技術のウェアレベリングや不良ブロック代替機能によってフラッシュメモリの寿命を延ばすことができ、各種NOR/NANDコントローラに対応しているフラッシュメモリドライバ『FlashFX Tera』との組み合わせを推奨いたします。

Inquiries / materials request
ページの先頭へ