2013年ニュース

2013年12月10日

ネットワーク機器管理用ソフトウェア『ConfD』ver.5.0リリース、
オブジェクト指向スクリプト言語「Python」をサポート

この度、Tail-f Systems社(スウェーデン、ストックホルム)のオンデバイスネットワーク機器管理用ソフトウェア 『ConfD』 がバージョンアップし、ver.5.0がリリースされました。

Ver.5.0では、オブジェクト指向スクリプト言語「Python」用のAPIサポートなど、いくつかの機能が追加されました。

バージョンアップの主な内容

  • オブジェクト指向スクリプト言語「Python」ためのAPIサポート
    • ConfDの MAAPI(Management Agent API)がオブジェクト指向スクリプト言語「Python」をサポート。
      これにより、Pythonスクリプトによるデータの読み書きが可能になります。
  • 選択ロールバックのサポート
    • ConfDでは、過去の設定情報をロードすることで、設定を前の状態に戻すことができるロールバック機能がサポートされていますが、コミットするごとに設定情報が保存されてしまいます。そこで、新たに、特定の設定だけを元に戻すことができる「選択ロールバック」の機能がサポートされました。
      この機能により、必要な設定だけをロールバックすることが可能になります。
  • WebUIの機能拡張
    • ダッシュボード:
      さまざまなウィジェットを組み合わせて、独自のダッシュボードを作成することが可能になります。
    • タブによる画面表示:
      設定画面を複数タブにすることで、大規模なコンフィグレーション情報がより見やすくなります。
  • Common YANG Data Types(RFC 6991)のサポート

『ConfD』 製品紹介
Inquiries / materials request
ページの先頭へ