2014年ニュース

2014年4月17日

新しいKinetisの開発を支援する
先進的なIDE開発ツールベンダにAtollic社を指名

弊社が代理店を勤めるAtollic® AB(以下「Atollic社」、本社:スウェーデン)は、Freescale Semiconductor, Inc.(以下「フリースケール社」)製MCU Kinetisの開発を支援する4つのプロフェッショナル向け組込み開発ツールの一つとして、Atollic社の統合開発環境『Atollic TrueSTUDIO®』が選ばれたことを発表いたしました。

『Atollic TrueSTUDIO』は、ARM向けの統合開発環境です。
Eclipseをベースとし、GNU開発ツールを利用していることから、CodeWarrior Developer Studioなど従来のEclipse/GNUツールから、より強力かつ最新の『Atollic TrueSTUDIO』へスムーズに移行することができます。フリースケール社のソフトウェアコンフィグレーションツール「Processor Expert」はEclipseプラグイン機能として提供されるので、『Atollic TrueSTUDIO』へのインストールおよび実行を容易に行うことができます。

フリースケール社Director of Microcontroller Software and ServicesのJC Bodet氏は、次のように述べています。

「これからのフリースケールのKinetis MCU商用ツール戦略は、数少ないARMエコシステムによるプロフェッショナルなIDEにスポットライトをあてることで、お客様にクラス最高の開発オプションを提供することです。『Atollic TrueSTUDIO』は、Kinetisデバイスのお客様が要求している、オープンなEclipseやGNUの標準に基づいた最新のソフトウェア・エンジニアリング機能を提供しています。」

また、Atollic社Vice President of Sales & MarketingのMagnus Unemyr氏は、この度の選出について、

「弊社は、フリースケール社が、注目すべきKinetis向け開発IDEとして『Atollic TrueSTUDIO』を選択したことを、大変喜ばしく思います。弊社では、フリースケール社のKinetis MCU製品ロードマップをサポートすることを全面的にお約束するとともに、『Atollic TrueSTUDIO』が、開発チームを通じた最新鋭ツールの利用と将来性のある開発投資とを併せて考える上で最良の方法を開発者に提供するものと確信しています。」と話しています。

【Atollic TrueSTUDIO】

『Atollic TrueSTUDIO』は、並列コンパイル機能、RTOS対応デバッガ機能、クラッシュ・アナライザ、マルチコアやマルチプロセッサのデバッグのサポートなど、市販されている組込み統合開発環境(IDE)が提供している中でも、最も幅広い機能セットを提供しているARM向け統合開発環境です。

標準セットには、データや命令のトレース機能、変数のリアルタイムウォッチ機能、MISRA-Cコーディングルールのチェック機能やソースコードの複雑度解析機能、コードレビュー支援機能などが含まれており、効率的に品質の高い開発を行うことが可能です。

ターゲットサポート:
Cortex-MコアのKinetis MCU、Cortex-Aコアのi.MX、Cortex-MコアとCortex-Aコアのマルチコアを搭載したVybridなど、フリースケール社のARMベース製品群を包括的にサポートいたします。

エーアイコーポレーションは、Atollic社の日本代理店として、日本国内において「Atollic TrueSTUDIO」のライセンス販売およびサポートを行っています。

Atollic TrueSTUDIO

『TrueSTUDIO』製品紹介

Inquiries / materials request
ページの先頭へ