2014年ニュース

2014年4月25日

ネットワーク機器管理用ソフトウェア『ConfD』ver.5.1リリース、JSON-RPC ver.2に対応

この度、Tail-f Systems社(スウェーデン、ストックホルム)のオンデバイスネットワーク機器管理用ソフトウェア 『ConfD』 がバージョンアップし、ver.5.1がリリースされました。

Ver.5.1では、JSON-RPC ver.2への対応開始の他、CDBコンパクションの任意実行などの機能拡張が行われました。

バージョンアップの主な内容

  • CDBコンパクションを任意で実行可能
    ConfDの内蔵データベースCDBのコンパクションが任意で実行できるようになりました。
  • CDBスキーマアップグレード機能の最適化
    ConfDの内蔵データベースCDBのスキーマアップグレード機能が最適化できるようになりました。
  • 大量のデータ定義が含まれるデータモデル使用時の処理最適化
    大量のデータ定義が含まれるデータモデル使用時の処理が最適化できるようになりました。
  • JSON-RPC ver.2への対応
    JSON-RPC ver.2への対応を開始いたしました。

『ConfD』 製品紹介
Inquiries / materials request
ページの先頭へ