2014年ニュース

2014年6月9日

Cybercom社、
「Jacinto 6」搭載の車載向けソフトウェア開発プラットフォームに『Cybercom blueGO』を実装

Cybercom社(本社:スウェーデン)は、TI社製オートモーティブ向け次世代マルチコアプロセッサ「Jacinto 6」を搭載した車載用ソフトウェア開発プラットフォーム(EVM)に、Bluetoothアプリケーションフレームワーク『Cybercom blueGO』を実装したことを発表いたしました。

『Cybercom blueGO』は、Bluetoothアプリ設計の複雑さを吸収してBluetoothプロトコルと各種プロファイルを実現するとともに、シンプルで使いやすいAPIを上位アプリケーションに提供するBluetoothアプリケーションフレームワーク製品です。

Linux/Androidを搭載した評価キットには、OpenSynergy社のBluetoothミドルウェアプロトコルスタック「BlueSDK」が採用されています。Bluetooth無線モジュールは、株式会社村田製作所のWiLink8を使用しています。


『Cybercom blueGO』製品紹介
Inquiries / materials request
ページの先頭へ