2014年ニュース

2014年7月25日

静的解析ツール『CodeSonar』、
「ISO26262」「IEC61508」「EN50128」の認証を取得

この度、米国GrammaTech社の静的解析ツール『CodeSonar』が、機能安全規格「ISO26262」「IEC61508」および「EN50128」の認証を取得いたしました。

『CodeSonar』は、ソフトウェアを解析し、プログラムの動作停止や誤動作の原因(バグ)を自動的に検出するソフトウェアツールです。優れた検出エンジンにより、バグの検出漏れや誤検出が少なく、自動車関連、機械制御、医療機器向けなど、高信頼性を必要とされるソフトウェアの品質向上に豊富な実績があります。

「ISO26262」「IEC61508」「EN50128」は、自動車、医療デバイス、鉄道アプリケーションなどの電子部品の機能安全を定義した国際規格です。これらの安全標準を満たすソフトウェア開発プロセスを行うためには、解析ツールを使用した品質の確保が必須となってきています。

この度の認証取得に際しては、第三者試験認証機関SGS TÜV Saar GmbHにおいて、各規格の要求事項に対する『CodeSonar』の機能性および開発プロセスの監査が行われ、認証されました。

GrammaTech社開発副社長のPau Andersonは、「不具合解析に使用されるツールは、お客様のソフトウェアを正しく解析し、安全が求められるシステムの多岐にわたる不具合を適切に検出する必要があります。この度の認証取得は、『CodeSonar』が信頼できるツールであるということの証しとなります。」と述べています。


『CodeSonar』 製品紹介
Inquiries / materials request
ページの先頭へ