2014年ニュース

2014年12月19日

組込み用exFATファイルシステム
『exFiles』 ver.1.21リリース

この度、組込み用exFATファイルシステム 『exFiles』がバージョン アップし、ver.1.21がリリースされました。

Ver.1.21では、高速化と移植性の向上のほか、フォーマッタ機能の正式サポートやワイルドカード検索など、機能の充実が図られています。

バージョンアップの主な内容

  • フォーマッタ機能を正式サポート。
  • ワイルドカード検索をサポート
  • 移植性の向上のため、RTOSインターフェースとドライバインターフェースと他ファイルシステムAPIインターフェースを分離。
  • キャッシュ周辺処理を見直し、従来よりも処理を高速化。
  • 標準ライブラリを使用しないための代替関数を用意。

『exFiles』製品紹介
Inquiries / materials request
ページの先頭へ