2015年ニュース

2015年3月24日

コンティニュア規格準拠エージェント・マネージャ
『HealthLink OXP』がBluetooth Low Energyに対応

この度、Lamprey Networks, Inc.(米国ニューハンプシャー州)のコンティニュア規格準拠エージェント・マネージャ『HealthLink OXP』が、Bluetooth Low Energyに対応いたしました。

『HealthLink OXP』は、コンティニュアPANクライアント(IEEE 11073-20601準拠)のエージェント・マネージャです。『HealthLink OXP』を介することで、アプリケーションは、コンティニュア認証済みデバイスの計測情報を容易に取得することができます。

低消費電力で無線通信が可能なBluetooth Low Energyは、今後さらに多くの健康機器に採用されることが予想されます。『HealthLink OXP』では、Bluetooth、USB、NFCに加え、新たにBluetooth Low Energyに対応することで、さらに幅広くかつユーザニーズに合わせた接続・情報収集を可能にしました。

【Bluetooth Low Energy対応製品】
『HealthLink mOXP for Android / Linux』

※ご要望に応じてiOS版SDKを提供可能。


『HealthLink OXP』 製品紹介
Inquiries / materials request
ページの先頭へ