2015年ニュース

2015年7月10日

静的解析バグ検出ツール『CodeSonar』v4.1リリース
− 分散解析による高速化、MISRA対応 −

2015年6月、米国GrammaTech社は、ソースコードを解析し、バグを自動的に検出する静的解析ツール『CodeSonar』 v4.1をリリースいたしました。

『CodeSonar』 v4.1では、主に以下の項目が強化されています。

  • 分散解析
    複数のPCによる並列解析を行うことで、解析速度が大幅に向上いたしました。
  • MISRAコーディング規約対応
    MISRA2004、2012のコーディング規約チェックをサポートいたしました。
  • サードパーティ認証対応
    LDAP、Active Directoryなど、サードパーティ認証を使用したユーザー認証が可能になりました。
  • プリセット機能
    あらかじめ設定された、各種推奨検出ワーニングの組み合わせを選択できるようになりました。

『CodeSonar』 製品紹介
Inquiries / materials request
ページの先頭へ