2016年ニュース

2016年2月25日

HCC Embedded社、IPSec/IKEv2プロトコルスイートをリリース
−MISRA準拠のコード品質−

Embedded World 2016(ドイツ ニュルンベルク):

HCC Embedded社(本社:ハンガリー・ブダペスト、CEO:Dave Hughes)は、2016年2月23日からドイツ ニュルンベルクで開催されているEmbedded World 2016において、IPSec/IKEv2モジュールがHCC Embedded社のネットワークソリューション製品群に新たに加わったことを発表いたしました。

IPSec/IKEv2モジュールが追加されたことで、HCC Embedded社の検証可能なネットワークスタックは、セキュリティプロトコル一式を備えるとともに、多種多様なセキュア通信環境に対応し得る体制が整いました。

  • IPSecは、車載機器、POS、医療機器、産業機器などのM2M通信を必要とするデバイスに対しセキュアな仮想チャンネル提供し、中間者攻撃やパケットスニッフィングなどの脅威からデータを保護します。
  • HCC Embedded社のネットワークおよびセキュリティソフトウェアは、厳格な品質基準に準拠して開発され、その品質は検証可能となっています。同社のIPSec/IKEv2モジュールには、MISRA準拠に基づいた静的解析レポートが付随いたします。
  • HCC Embedded社のIPSec/IKEv2は、認証証明書および暗号鍵の保存を管理するためのデータベース管理機能を提供し、同社の組込み向け暗号化ライブラリ(EEM)とシームレスに機能いたします。
  • HCC Embedded社のMISRA準拠のTCP/IPスタックおよびIPSec/IKEv2は、同社の「高度な組込みフレームワーク」に適合し、RTOS、プロセッサ、開発環境などに依存いたしません。
Inquiries / materials request
ページの先頭へ