2016年ニュース

2016年9月14日

GrammaTech社チームがソフトの脆弱性を自動修正するDARPA主催の競技会で準優勝

アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)が主催する、ソフトウェアの脆弱性を自動発見・修正するシステムの競技会「Cyber Grand Challenge」において、弊社が代理店を務める米国GrammaTech社とバージニア大学をそのパートナーとするチーム「TECHx」が準優勝を獲得いたしました。

「Cyber Grand Challenge」では、運営側から各チームにさまざまな脆弱性を含む未知のソフトウェアがインストールされたサーバが与えられます。参加各チームは、それぞれが開発した「ソフトウェアの脆弱性を自動修正するシステム」を使い、パッチを適用しつつ、運営側から送り込まれるアタックに対して自チームのサーバを防御します。

「TECHx」チームのシステム「Xandra」には、長年GrammaTech社で培われてきた高度な解析技術が投入されており、GrammaTech社のバイナリコード向け静的解析ツール「CodeSonar for Binaries」で使用されているバイナリ解析技術も、今回の成果に大きく貢献しています。「Cyber Grand Challenge」準優勝という結果は、GrammaTech社の高い技術力を改めて証明するものとなりました。

GrammaTech社では、今回の自動化システムに関係するソフトウェアハードニング製品を今後リリースする予定です。


「Cyber Grand Challeng」に関する日本での記事
GrammaTech社の発表

【製品紹介】
高精度バグ検出ツール『CodeSonar』
バイナリコード向け静的解析ツール『CodeSonar for Binaries (x86, x86_64, ARM)』


Inquiries / materials request
ページの先頭へ