2016年ニュース

2016年12月5日

オンデバイスネットワーク機器管理用ソフトウェア『ConfD』ver.6.3リリース
− 設定情報の構造を標準化 −

この度、Tail-f Systems社(スウェーデン、ストックホルム)のオンデバイスネットワーク機器管理用ソフトウェア 『ConfD』 がバージョンアップし、ver.6.3がリリースされました。

Ver.6.3では、設定情報構造の標準化などの機能拡張が行われました。

バージョンアップの主な内容

  • 設定情報の構造を標準化
    設定ファイルのデータ構造をYANG言語で定義。
  • パフォーマンス強化
    キャッシュ機能を強化し、大量リストエントリ時のパフォーマンスを向上。
  • 開発環境の整備
    開発時のリファレンスとなるJava関連のサンプルプログラムを追加。
  • CLIの機能強化
    設定パラメータの追加やいくつかのCLIコマンドの追加により、利便性と評価機能を強化。
    • 暗黙のワイルドカードを許可に関する設定パラメータ「allowImplicitWildcard」を追加しました。
    • コンパイラの機能が拡張され、非互換のtailf:cli-extensionsのwarningメッセージと用法に関する提案が出力されるようになりました。
    • コマンドの実行時間を計測する新規コマンド「timecmd」を追加しました。
    • XPath表現を評価するテスト用のコマンドを追加しました。
    • CLI C-styleで利用できるYANGの拡張ステートメントを追加しました。
  • 解析コマンドの性能向上
    「confd --status」による、ユーザセッションとロックに関する出力情報の強化。
Inquiries / materials request
ページの先頭へ