2017年ニュース

トップ > ニュース > 2017/2/22

2017年2月22日

インダストリー4.0推奨通信規格OPC UA準拠、
OPC UA 開発キット『MatrikonOPC UA SDK』の販売を開始

弊社は、Honeywell International Inc.の子会社であるMatrikon International(カナダ アルバータ州、以下「Matrikon社」)が開発したOPC UA 開発キット、『MatrikonOPC UA SDK』の販売およびサポートを開始いたしました。

ドイツを中心としたインダストリー4.0や、米国のインダストリアルインターネットとともに、日本でも日本版インダストリー4.0への取り組みが進んでいます。このような状況下において、産業向けIoT環境を実現するために注目されている通信規格のひとつに「OPC UA」があります。

Matrikon社の『MatrikonOPC UA SDK』は、インダストリー4.0の推奨通信規格、「OPC UA」に準拠した開発キットです。

『MatrikonOPC UA SDK』の特長

  • 幅広い環境(Windows、Linux、組込向け)に実装可能。リソースの少ない環境にも対応。
  • マルチスレッドの利用も可能。
  • シングルスレッド ANSI C記述のAPIを提供(内部コードはC++記述)。
  • 利用環境や利用用途に応じて、セッション数、アドレス空間のノードを自由に変更可能。
  • OPC Foundationの認証取得済み。
  • 膨大な量のOPC UAの仕様書を読み込まなくても、容易にOPC UA規格に対応した開発が可能。
  • 各環境にあわせたサンプルプロジェクトを用意。利用環境に応じて選択するだけで、大幅に開発コストを削減可能。

Matrikon社は、OPC Foundationのコアメンバーであり、常に最新のOPC技術および情報をベースに、お客様のビジネスおよびテクニカルニーズに適した製品づくりに取り組んでいます。

Matrikon社では、OPC UA関連製品の他、OPC Classic製品も提供しています。

Inquiries / materials request
ページの先頭へ